不登校になって通信制高校に通っています

通信制高校を選ぶことにしました

高校の人間関係で悩むようになりました通信制高校を選ぶことにしました高卒認定資格を得ることもできる

両親には心配をかけたくないので話すことはしませんでしたが、母親がすぐに様子がいつもと違うことに気付き、無理して学校に行く必要はないと言ってくれました。
その優しい言葉を聞くと思わず涙が出てしまい、その日から学校に行かないことにしました。
不登校が続くと、高校は義務教育ではないので、次の学年に進学できないことになってしまいました。
留年して同じ高校に通うのは嫌だと思ったので、色々考えてから、退学することにしました。
その後は心が落ち着くまでひきこもりのような状態になっていましたが、中学校の時に友人と遊んだり、家で趣味に没頭していると、また勉強したいという気持ちが自然と沸いてきました。
しかし新しい人間関係を築くことに臆病になっていたので、通信制高校を選ぶことにしました。